世界発明武者修行

  • 11,000円(本体10,000円、税1,000円)


【実録・世界発明武者修行】
 CNNで「発明の父」と紹介されたドクター・中松が、1962年、34才のときに自らの発明品を背負って、アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・イタリアに売り込みへ行った際、日記替わりで書いていたノートを完全収録。
 高度経済成長期の真っただ中で、一人外国に飛び出した孤独と熱意がリアルに記録されています。
 世界で活躍したいすべての人に贈る大スペクタクル・ロマン・ドキュメント本の決定版!


【本文より抜粋】

 この本は私が1962年に私の発明が世界にどれだけ通用するかを試すために発明武者修行と銘打って、世界中を駆け巡った時の大学ノートの走り書きを一字一句そのまま活字におこした実録です。
 この大学ノートがどこから出てきたかと言うと、引越し用ダンボール箱から出てきました。
 この引越し用ダンボールがどこから来たのかと言うと、長い間住んでいた青山の家から今住んでいる世田谷の家に引っ越した時に送られて来た引越し用ダンボールなのです。
 ドクター中松ハウス建設時に前記青山の家から引越し屋が運んだ多数のダンボールの箱の中に、運ばれてから十数年も放置された一つの箱があり、そこから見つかったのが私が約60年前に書いた大学ノートだったのです。
 これを読んでゆくと、私の若かりし頃が目の前に復活し、皆様にもご興味いただけると思い、私の手書きを一語一句違えずに活字化し、私の満90歳を記念して出版したのが本書です。
上部へ戻る